野田新総理  大賢は大愚に似るか

愚直を旨とする野田さんが代表戦に勝利した。国家の行く末よりも、自己の権力欲を、遙かに優先する小沢一派に政権が渡らず、これは了とするが、さて党役員人事はどうなるのだろうか。
幹事長に輿石ゾンビ1が起用された。
一敗地に塗れた小沢側近に党の要を与える必要があるのか、疑問もあるが、輿石氏も良識的なところはあり、総理に協力し、日本再生に力を尽くす可能性も少しはあり、それに期待するとしよう。
しかし国体委員長に、平野ゾンビ2が登場するとなると、疑問は大きくなる。彼は、鳩山内閣の普天間問題を混乱させた張本人ではないか。かつこのことの経緯を全く自覚せず、責任を回避し、辞任後は、菅内閣を揺さぶり続けた、異常人であり取り柄はないではないか。
このようなゾンビ党役員に囲まれ、新総理の思いは結実するのだろうか。
私は、ポスト菅内閣は、年内で寿命が終わると考えていたが、野田氏の登場で、期待を新たにしかけていた。
しかし、この人事を見ていると、無理筋とも思われる。
国家の現実を、愚直に国民に開示し、痛みは伴っても、国家再建には不可欠である、財政立て直しに力を発揮して欲しい。野田氏は、それができる最後の希望であるはずであるが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック