国家を堕するもの達 小沢一郎ー鳩山由起夫

小沢・鳩山両氏、政権批判の声明準備
統一地方選敗北に触れ「大敗は国民からの菅政権への警告だと強く受け止めている」との認識を示した。国民が安心できる体制を作らないといけない。
後世に「その時の政治家は何をしていたんだと いわれることが無いようにしなければならない。」 と言うことらしいが、民主党が国民の支持を失ってきたのは、君たち二人に起因するのではないかね。
普天間問題で沖縄県民にすり寄る発言を続け、あげくは、はしごを外した鳩山由紀夫、政治と金問題で国民世論の七割が求めた国会での説明を言を左右して、ネグレクトした小沢一郎。
自分たちの政党、やっと果たした、政権交代の成果を台無しにした二人、財政の裏付けがとれなかったマニフェストの完全履行を求め、国家の赤字をさらに増加させたい二人が、どうにか首相の足を引っ張りたいと結束する姿を恥ずかしいとは思わないのだろうか。
低質な自分たちのレベルは棚に上げ、相手は完璧でなければならないという理屈をしゃあしゃあと主張する神経とは、何なのか。
天災と人災で、のたうっている国家にさらに混乱をもたらす人災を加えるのは止めなさい。
「後世の人達から軽蔑されるふたり」になるだけである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック